Amy A(エイミー・アカオカ)のレゲトン新曲”Me estás deseando”レコーディング日記

2019年レゲトン、ラテントラップなどラテンアーバンな新曲レコーディングの記録です

“Me estás deseando”のボーカル録りについて②歌録り

新曲Me estás deseando

https://linkco.re/x2SmcsTf

 

・歌録りについて


歌の録音は、東京のCrunch Studio (http://www.crunch-studio.com/sp/index.html)さんで。

2年前にペルーのプロデューサーとクンビアの曲をコラボした時にお世話になり、今回もお願いしました。

エンジニアの石野さんは、もともとミュージシャンとして国際的に活躍されてた方で、いま日本で1番北欧メタルのエンジニアリングについて詳しい方だとか。(今月のサウンド&レコーディングマガジンでも紹介されてました! )


技術が素晴らしいのはもちろんですが、スタジオや石野さんの雰囲気がいつも穏やかでとても

リラックスできるので今回もお願いしました。


1.メインのボーカル

2.メインのボーカルと同じメロディ

3.一オクターブ上

4.三度上


を録り、1,2は途中一部分だけ(acostúmbrate a que conmigo estarás bienと歌っているところ)

を別に録って別のファイルにしました

レゲトンによくありますが、2つのメロディが重なるところがあるので。


計6種類の歌をまったくエフェクトがかかってない状態で、wavファイルでベネズエラのプロデューサーに送りました。


ファイルの送り方はいろいろありますが、

今回は無料のwe transferでダウンロードリンクを作り、メールで伝えました。